もち麦ダイエット 30代 女性 効果なやり方

もち麦ダイエットの30代女性の効果的なやり方は?

もち麦ダイエットの30代女性の効果的なやり方は?

 

もち麦ダイエットの30代女性の、効果的なやり方は、1日にご飯茶碗に2膳と決めて、もち麦を食べることです。30代女性がもち麦ダイエットをする時の、効果的なやり方としては、朝食と昼食に食べるのがちょうどいいです。でも生活のサイクルや、仕事などおあるために、朝食と夕食で食べても良いでしょう。

 

もち麦ダイエットはアレンジするのが良い

もち麦ダイエットは、もち麦を主食で食べることに、こだわりはない方法です。だからもち麦ダイエットをするなら、飽きないようにアレンジをしても構わないのです。

 

温かい野菜もたっぷりと入れたスープに、もち麦を加えてもいいでしょう。アレンジ自由ですので、スムージーにプラスしてみるなど、アイデア次第で楽しく味わいましょう。

 

味が何もついていないのがもち麦の食材であるために、何と組み合わせてもあまり問題は無く、甘いものとのコラボレーションでも、美味しく食べることができます。

 

もち麦ダイエットでは、基本のもち麦を調理する必要があります。白米ともち麦をミックスして炊くのが、基本のもち麦ごはんです。分量としての目安は、もち麦が1合と、白米が1合の割合です。

 

もち麦は洗わない

調理の時に白米は洗いますが、もち麦は洗わないことです。炊飯器に洗った白米を入れて水を1合分加えます。それからもち麦も入れて、さらに2合ほどの水を入れて炊飯をします。

 

もち麦を炊く時のコツとしては、水分量にあります。通常の白米を炊飯器で炊くときには、お米1合に対して水分も同じ量ですが、もち麦の場合は1合に対して、水は2合を必要とします。この配分を、間違わないようにして、おいしく炊き上げましょう。

 

基本のもち麦を炊くときには、目分量ではなく必ず、計量カップを使用します。水分量が仕上がりの成功の有無を決めますので、水の量は正確に計ることです。

 

おいしく炊き上がるのがもち麦ですが、美味しいあまりに、食べ過ぎないように気をつけましょう。白米と比べると低カロリーですが、カロリーはあるので、ダイエットを意識しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ